2匹めのナマズ

2016年4月14日。夕まづめ釣行。昨夜の雨で増水し、絶好の条件となった近所の川でナマズを餌釣りで狙いました。

タックル

  • 竿:ダイワ DZ サーフパワー 15-300
  • リール:リョービ エクシマ VS 3500
  • 道糸:ナイロン4号

仕掛け

  • オモリ:ナツメ型中通し錘3号
  • 針:ダイソー ワーム針 2/0
  • 餌:鶏ささみ


ナマズ釣り 仕掛け


先日、立て続けにナマズに針を飲ませてしまった反省を踏まえ、針は特大のもの、カエシを潰したオフセットフックを使用。

流れ込みポイントに仕掛けを振り込むと、すぐにアタリが。これも先日の反省を踏まえ、早アワセに徹します。しかし、さすがに針が大きすぎるのか、アワセが早すぎるためか、なかなか針掛かりしません。それでも、何度めかに成功。

ダブルナマズ?


針に掛かったナマズを追ってくる別のナマズ

しかし、浮いてきた魚影が何か変です。よく見ると、針にかかったナマズにまとわりつくようにして、もう1匹別のナマズが追ってくるではないですか。

カップルなのか、自分の縄張りから別のナマズを追い出そうとしているのか、弱った仲間を共食いする気なのか、それともメスを追いかけるオスなのか……理由はわかりませんが、針掛かりしたナマズを釣り上げるまで、しつこく追ってきました。

針に掛かったナマズを追ってくる別のナマズ(拡大)
「キャー!ナマ夫さん!?」「ナ、ナマ子さん、僕にかまわず逃げるんだ…」

オフセットフックで針丸飲み回避成功


釣り上げたナマズは、さすがに針を飲み込んでいるということはなく、口の左端にしっかり刺さっていました。カエシを潰してあるので、抜くのも簡単。釣りはこうでなくてはいけません。

1匹めのナマズ

1匹めをリリースした後、追ってきたもう1匹のナマズも釣ってやろうと、あちこちを探ります。流れこんだ水が白く泡立っている所へ仕掛けを振り込んだ時に、竿にぐっと重みがかかりました。釣れてきたのは、1匹めと同サイズのナマズ。きっと先ほどの片割れでしょう。

大きな針でも油断できない


さあ針を外そうと思ったところ、これが見当たりません。まさか飲まれたのかと青くなってナマズの口をこじ開けてみると、奥の方に刺さっていました。悪戦苦闘しましたが、オフセットフック特有の長い軸を先細ペンチで掴んで、抜き取ることができました。

それにしても、ナマズのバキューム力は恐るべきものがあります。大きすぎる針を使い、早アワセを心がけてもこれだけ口の奥に刺さるのですから、チヌ針3号など飲まれて当然でしょう。私が今まで釣っていたのは勢いがない冬のナマズで、これが彼ら本来の姿なのかも。「川のダイソン」の称号はコイよりナマズにふさわしい気がしてきました。

この後、同サイズのナマズをもう1匹釣り上げました。さらにもう1匹、目の前まで泳いできたナマズがいましたが、私の姿を見て危険を悟ったのか、この魚は餌に反応することはありませんでした。

3匹めのナマズ

ナマズを持って写真を撮っていると、車で通りかかったバサーに、出し抜けに「バスはいますか?バスがいる場所を知りませんか?」と尋ねられました。ランカーバスがいる池を知っています。が、他人がナマズ釣りを楽しんでいるところへ、それには触れもせず、いきなり自分の都合でバスの話だけするような人には教えません。

久々のコイ


1匹めのコイ


今日は久しぶりにコイも2匹釣れました。日本の川の王様はコイです。王様というのは嫉妬深いもの。私が最近「ナマズ、ナマズ」とうるさいのが気に触ったのかもしれません。きっちりと、ナマズとは桁違いの引きと、苦労と疲労を味あわせてくれました。

コイを素手で掴んで水揚げするのは私の特技ですが、かわいそうなので水中リリースすることにしています。ナマズもそうすべきなのかもしれません。