NHK ロゴ


住民税は、生活になくてはならない公共サービスを支えるためのものです。それすら払わなくともよいとされる貧乏人から、毎月1300円取り立てる鬼がいます。NHKです。

厳しすぎる受信料免除の基準


NHKの受信料免除の基準は大変きびしいものです。目が見えなくても、耳が聞こえなくても、住民税非課税でなければ半額免除にしかなりません。

NHK受信料の窓口-放送受信料の免除について

生活保護世帯はさすがに全額免除ですが、住民税非課税世帯は上記のように傷害などとのセットになっていないと、半額どころかビタ一文まけてもらえません。

くりかえしますが、住民税は、生活になくてはならない公共サービスを支えるためのものです。それを払わなくてもよいと言われる。それくらい貧乏だということです。

NHK受信料より先に住民税を払うべき


そうした世帯からも受信料を全額取り立てるって、どうなんでしょう? それに、仮にNHKに毎月1300円を払う余裕があるのなら、その分だけでも住民税を収めた方がよいのではないでしょうか。

テレビ・ラジオ番組を作るのもと、道路の穴を埋めたりゴミ収集をしたりするのと、どちらが大切ですか。災害が起きたとき、助けてくれるのは自治体です。NHKはそれをただ見ているだけ。

報道・メディアも、もちろん大切です。NHKは数々の素晴らしい番組を作ってきました。でも大切さの順番ってありますよね。NHKは、大きな勘違いをしているのではないでしょうか。