ナマズ

2016年5月21日。夕まづめ釣行。先日掘ってきた万能餌・ドバミミズを使って、近所の川で五目釣りです。4mの磯竿に2000番のスピニングリール。仕掛けは、中通しおもりのミャク釣り。途中でウキ釣りに変更。針は鯉スレ8号。

ドバミミズは無料で手に入る上に、よく釣れる餌ですが、手が汚れるのが難点。ミミズの消化液と混ざった土が爪のすき間に入ると、洗い落とすのがひと苦労です。

強烈な引きのナマズ


ナマズ

流れていない流れ込みポイントのへちに仕掛けを振り込むと、カメがこっそり餌を盗もうとしている時のような、ひかえめなアタリが。磯竿の繊細な穂先は、こうしたアタリもはっきり伝えてくれます。

あわせてみると、かなりの引きで、長い竿が弓なりに。おやコイだったかな?と思いましたが、岸に沿って走る動きは、ナマズ特有のもの。実際、姿を見せたのは、まあまあの型のナマズでした。

人生初のナマズ玉入れ


普段は、軍手をした手で口をつかんで取り込むのですが、今回は初めての試みで、フナを取り込むために持参した玉網ですくってみることに。これが中々大変でした。まず、魚を足元に寄せるためには、糸の先に暴れるナマズがついている4mの竿を、片手で頭上高く差し上げねばなりません。

もう一方の手では玉網を操って魚をすくうわけですが、最初は、利き手ではない左手でやろうとしたため、身をくねらせて逃げるナマズを上手くすくえませんでした。やむなく左右を入れ替えて、ナマズの体が柔らかいのをよいことに、直径30cmほどの網に無理やり押し込みました。

針がきれいに口の端にかかっているのを見て、ひと安心。ナマズは吸引力がすごく、一瞬で針を喉の奥まで飲みこんでしまいます。早アワセをすればよいという次元ではありません。最近では、これが悩みの種。大きな針を使えば飲まれませんが、こんどは別の形で魚を傷つけてしまいます。

釣れたナマズの顔

その後、根掛かりで針をなくしたのをきっかけに、中通しウキを使ったウキ釣りに仕掛けを変更。

尺フナをバラした


尺フナが掛かりましたが、バラしてしまいました。アワセが決まり、寄ってきた魚を取り込もうと、また片手に竿、片手に玉網を持って護岸の斜面を降りていったのだですが、両手がふさがっていては、当然、リールを巻くことができません。

岸に近づくにつれ道糸のテンションがゆるんだところで、頭を降って暴れられ、スレ針が外れてしまいました。鯉スレを使うようになってから、フナをバラすことが急増しています。しかし、スレ針を使ったために魚を逃がしてしまっても、意外と後悔しないものです。正しい選択をした結果だからでしょう。