ウナギ

2016年6月13日。夕まづめ釣行。昨晩に雨が降ったので、日中でもウナギが釣れないかと近所の川へ。

流れていない流れ込み


流れ込み

本日のポイント。名付けて「流れてない流れ込み」。でも魚は集まってくる謎のポイントです。魚以外に、セキレイも集まっていました。

タックルは磯竿1号4m。スピニング2000番。ぶっとい道糸。仕掛けは、中通し電気ウキを飛ばしウキとして使用。ハリス2号に、拾ったワームに刺さっていたカン付きマス針。餌のドバミミズに針を突き立てると「プッ」とフレッシュなジュースが噴き出しました。

ドバミミズ

食べられそうなウナギが釣れた


この日は雨の翌日。ナマズが入れ食いになっても良さそうなものなのですが、反応がありません。そのうちに、ウキがそーっと引っ張られたので、フナかと思ってアワせると、小ぶりなウナギが針を飲み込んでいました。まあまあ食べるところがありそうなので、持ち帰ることに。

ウナギ

激しくのたくって暴れるので、水から出した写真はとても撮れませんでした。なかなか気が強いウナギです。それとも、ウナギ自体がそうした魚種なのでしょうか。

フナが釣れた


マブナ

その後、コイかフナであろうモジリや、ナマズに追われた小魚のボイルは認められるのですが、なぜかアタリが途絶えてしまいました。

最後に、「流れない流れ込み」のヘチで、この川では平均サイズのフナが居食いで掛かりmさいた。玉網の枠が30cmなので、35cmといったところでしょう。ヘラではなくマブナだと思います体のあちこちから血がにじんでいましたが、繁殖行動でハッスルしすぎたのかな?

マブナ

水草でも引っ掛けたかと思うような、もわぁーっとした手応えでした。最近は磯竿での取り込みにも慣れてきて、竿を立てていれば自然と吸い込まれるように魚が玉網に収まるのが快感です

今日は、ウキ釣りを選んで失敗でした。この川での釣りは、ナツメ錘を使った中通しのミャク釣り仕掛けが、だんぜん釣果が良いような気がします。