マブナ

2016年6月19日。夕まづめ釣行。雨上がりの近所の川で、明るいうちからウナギを釣ってやろうと小走りで出かけました。

流れ込み

今日は、午後から雨が降り出し、夕方には止みました。ウナギ釣りに好条件だと思い、昨日掘ってきたドバミミズを携えて近所の川へ。

タックルは、いつもの磯竿1号4mとスピニングリール2000番。何年前に巻いたのかわからない黄色いナイロン糸。仕掛けは、最初はバサーが捨てた直リグ、次に、ナス錘を使ったミャク釣りで臨むことに。

釣り場に着くと、「流れてない流れ込みポイント」にコイとフナが集合していました。

コイが釣れた


コイ

1投目は、景気をつける意味で特別大きなドバミミズを使用。振り込んでほどなく、ひったくるような猛烈なアタリでコイがかかりました。


身近な川の暴走特急、コイ。上流へ下流へ。沖へ岸へと縦横無尽に突っ走った末、ようやく力尽きて停車したところをプライヤーで針を外し、水中リリースしました。この魚のパワーとスタミナには、いつも手を焼かされます。

マブナが釣れた


マブナ

コイが大暴れしたせいで場荒れし、アタリが途絶えてしまいました。あちこち探り釣りすると、いつもの穂先を震わせるプルプルというものではなく、これもひったくるようなアタリで30cmほどのフナが釣れました。

川を泳いで渡る動物

釣りの最中、茶色い小動物が川を泳いで渡っていくのを見ました。ネズミの仲間か何かでしょうか?以前、この川で見かけた哺乳類というとイタチくらいですが。途中ナマズに襲われることもなく、無事に対岸にたどり着きました。

ナマズが釣れた


ナマズ

仕掛けを直リグから中通し式ミャク釣り・ウナギ針15号に変更。先日の、傷だらけのナマズがまた釣れてしまいました(ボロボロのナマズが釣れた)。傷は治ってきたようですが、左目が白く濁って潰れたようになっていました。こんな状態でまた釣ってしまって申し訳ない。

またマブナが釣れた


マブナ

ナマズに続き、35cmほどのきれいなマブナが釣れました。傷や鱗の欠けもなく、黒ずんでいたり黄色がかっている個体もある中、この魚はまさに「銀鱗」といった趣き。マブナはとても美しい魚です。いずれ、もっと本格的に狙ってみたいと思っています。

またナマズが釣れた


ナマズ

久々の、大きな頭をした、ずっしりと重いナマズ。コイかと思うくらい強い引きでした。ところで、このブログには「コイかと思ったらナマズだった」という文章が、いったい何回出てくるのでしょうか。

私は、いちど気に入ると同じことを何度も言ったりやったりする癖があるのです。いい加減にナマズの引きの強さに対する別の表現を見つけないと、飽きられてしまいますね。

ナマズ

日没まで粘って納竿。狙いのウナギは釣れませんでしたが、まずまず楽しめた釣行でした。