バス釣り

ブラックバスを餌釣りで、ドバミミズやブルーギルの泳がせ釣りでまったりと釣るための方法を紹介します。

はじめに


この投稿に含まれる情報は、ホタティストの乏しい経験の中で、現状(2016年夏現在)こうだと思っている。ということにすぎません。ご承知おきください。

延べ竿編


竿



安物のグラス渓流竿で充分です。バスには、コイのように「バキャッ!」と快音一声、安竿をへし折るだけの力はありません。

赤羽の滝本釣具店ご主人にうかがった話によると、へら竿の調子はバス釣りにも好適とのことですが、私は、へら竿を振ったことがないので何とも言えません。

身近な、ため池や小河川のような小場所に長竿を持ち出すと、何とも取り回しに不便です。かといって、キャストができない延べ竿の場合、長さが足りないと探れる範囲が狭すぎて、全く釣りになりません。最低3.6m、場所によってはもっと長い方が良いでしょう。

道糸



ナイロン2号が良いと思います。足場の高い場所から道糸を手繰って取り込む際にも、40cm級のバスなら、吊り下げることができます。

仕掛け


ウキ ウキ止めゴム



玉ウキ5号くらいと、ウキ止めゴム。ウキを外してミャク釣りにすることもできます。

スナップ付きスイベル



道糸とハリスを接続するのに使います。あまり頑丈なものでなくても大丈夫です。なぜスナップが必要かというと、泳がせ釣りの餌を釣るための針と、バスを釣るための針を、すばやく交換するためです。

ガン玉



ミミズが小さかった場合に使用。

ハリス



道糸直結でもよいのですが、1号~1.5号くらいで良いでしょう。



リリース前提ならスレ針を使いましょう。鯉スレ8号あたりなど、おすすめです。喉に針が刺さった場合(餌釣りでは、よくあります)でも、スッと抜けます。ワームフックのいちばん小さいサイズのカエシを潰したものも良いです。ブルーギルなどを使って泳がせ釣りをするなら、ある程度ふところの広い、大きめの針が必要です。

泳がせ釣りをする場合、餌の小魚を釣るための小さめの袖針なども用意しておく必要があります。



ドバミミズか、その場で釣ったブルーギルやクチボソがおすすめです。食い気のあるバスが居るポイントへ投入すれば、まさに秒殺で釣れます。釣れると思います。釣れることも結構あります。

玉網



あった方がよいです。延べ竿は、リール竿のように糸を短く調節してヒョイと抜き上げなんてことはできませんから。

軍手



根掛かりして、道糸を引っ張って外す時に便利です。また、バスを締める際は、軍手をして尻尾をつかみ、頭を硬い地面に叩きつければすぐ死にます。素手だと、ぬめりが邪魔して上手くいきません。

釣り方


ウキ釣りでもミャク釣りでも、どちらもいけます。刺激という点ではミャク釣りに分があるでしょうか。バスがいるところへ仕掛けを投入すれば、後はなるようになります。「釣れた」でいいじゃありませんか。当然の結果として釣れる。それがズボラ釣法の理想です。

ミミズ


足元から釣っていきます。居ればすぐ食ってくるので、怪しいポイントを1ヶ所ずつ足元から沖へという順に探っていきましょう。ギルが釣れた場合、そこで、ひたすらギルを釣りまくることでバスの捕食スイッチが入り、針がかりしたギルにバスが食いついてくる。ということもあります。

ブルーギルの泳がせ釣り


ブルーギルの泳がせ釣り

小さめのギルと大きめの針を使いましょう。ウキは不要ですが、目印として小さな玉ウキをつけておくと、バス接近に慌てふためくギルの動きがウキに現れて、スリリングです。

餌にするギルは、小鮒くらいのサイズのものが適しています。針を刺す場所は、背鰭の前(A)か尻尾(B)。ギルはバスと共に進化してきた魚なので、体にバス対策が備わっています。背鰭と尻鰭に頑丈な棘があり、これをバスの口に突き刺して捕食を逃れます。ギルが大きいほど威力も増し、バス釣りではなく、バス撃退になってしまいます。

ブルーギルのど根性


以前、12~3cm のギルを水面で泳がせ「トップウォーター泳がせ釣り」とふざけていたところ、ランカーバスが水しぶきを上げて襲いかかってきました。ところが、ギルは必死に抵抗して何度もこれを撃退。ついにバスは諦めて帰ってしまい、下半身が傷だらけのギルだけが手元に返ってきた。ということが、実際にありました。

ブルーギルよ。お前は、すごい奴だな。でも、できれば食われて欲しかった。と、その時、私は思いました。釣り人というのは、とことんエゴイスティックなものなのです。あらかじめ棘を切り落としておくのも手でしょう。

あまり何度も仕掛けを振り込み直していると、餌がすぐ弱って死んでしまいます。ある程度ポイントの目星をつけて、しばらく粘った方が良いと思います。

アワセ


早合わせ厳禁。アタリがあっても、すぐにアワセてはいけません。ブラックバスの、あの大きな口。ルアーではない本物の餌。バクッと丸飲みにしたところをガッとアワセれば針は見事、上あごセンターがっつり……と妄想しがちですが、ランカーバスがミミズの尻尾を口の端でくわえていたりします。十分に待ってからアワセないと、すっぽ抜けが連発。泳がせ釣りの場合は、特にそうです。

持ち帰って食べるつもりなら、遠慮はいりません。飲ませて喉に針を掛けましょう。バスの喉は第2の口のようになっていて、ザラザラした棘のようなものが生えており非常に丈夫です。ここに針が刺さると滅多なことでは抜けません。口に掛けるより良いくらいです。

取り込み


リール竿ならドラグが簡単に殺してしまうバスの引きも、延べ竿なら、大の大人が冷や汗をかくようなスリルを味わうことができます。2.7m の竿で初めて40UPのバスを掛けて、その魚が目の前でジャンプした時の光景は今も忘れられません。

針に掛かったバスは、驚いて沖へ逃げて行こうとします。延べ竿の場合、そのまま見ていては、すぐに竿はのされて弾力を失い、糸に負荷がかかりすぎて切れます。かといって、バスの進行方向と真逆の方へ力をかけ綱引きをしてしまうと、やはり糸が切れます。竿を左右に倒して、バスに円弧を描かせるようなイメージで方向転換させましょう。

スタミナが無い魚なので、竿をしっかり立ててさえいえれば、そのうち力尽きて浮いてきます。そうしたら、そっと手元へ寄せ、玉網で掬うなり、道糸を掴んで吊るし上げるなり、口を掴むなりすればよいのです。ただし、力尽きたふりをして最後の抵抗をする魚もいますので、油断ができません。


リール竿編


竿



何でも良いのですが、やはりバスロッドが扱いやすいのではないでしょうか。個人的には磯竿がおすすめです。よほど広々した場所でない限り、短めの方が良いでしょう。

リール



スピニングリール2000~2500番。道糸はナイロン2号以上。

仕掛け



中通しウキ仕掛け
仕掛けイメージ

中通しウキ



3Bくらいのものでよいとおもいます。電気ウキにして夜釣りというのもオツなものだと思いますが、シーバスやナマズのように夜だから釣れるというものでもないようです。

ウキゴム 2つ



玉ウキを止めるもの。上の図のように、中通しウキの上下をこれで挟み、爪楊枝の先で固定することで、ウキ下を調整します。

スナップ付きサルカン


延べ竿に同じ。

ガン玉


延べ竿に同じ。


延べ竿に同じ。

釣り方


これも延べ竿に準じます。とにかく針掛かりしたらグリグリ巻けば釣れます。初めてリール竿でバスを釣った時、ついコーフンして力みすぎてしまった結果、40cmのバスが私の顔めがけてすっ飛んで来て、大いに慌てると同時に拍子抜けしました。延べ竿で釣るブラックバスは、猛魚でした。リールで釣ると、ただの獲物です。


番外編:置き針


置き針を使えば、バスは簡単に釣れます。太い道糸の一方の端に適当な針を直結し、生きたブルーギルなどの餌を刺し、もう一方を岸際の立ち木や柵などにくくりつけた簡単な仕掛けを夕方に設置しておけば、翌朝、大抵の場合は良型のバスがかかっています。糸をあまり長くすると、障害物に絡まってしまうので、ほどほどに。