ブラックバスの煮付け

前回、フライにして食べたランカーバスの残りの半身を、煮付けと天ぷらにして食べました。前回、味付けが薄かった、身の締りがもう少し欲しかったという不満もあったバス料理ですが、今回は、それらを上手く解消できるでしょうか。


ブラックバスの切り身

このブラックバスは、餌が豊富で釣り人以外に敵らしい敵もいない小さな池でのんびり生きてきたせいか、身に締りがありません。もっとソリッド感が欲しいと思ったので、塩をしてしばらく立てて置き、水気を切ってみることに。

ブラックバスの切り身

塩をして30分ほど放置したブラックバスの切り身。黄色がかった生臭い汁が流れだし、やや手触りが硬くなったような印象を受けました。表面の塩を水で洗い流すかどうか迷いましたが、また水っぽくなったら嫌だな。と思って、やめておきました。

ブラックバスの切り身

2つに切り分け、尻尾側を煮付け、頭側を天ぷらにすることに。部位と調理法の選択は直感、フィーリングです。


煮付け


ブラックバスの煮付け

ブラックバスの煮付けを作ります。市販の麺つゆ(4倍濃縮)と、チューブ入りおろし生姜で煮付けていきます。

ブラックバスの煮付け

アルミホイルで落とし蓋をして、煮汁が全体によく回るようにしました。

天ぷら


ブラックバスの切り身

同時進行でブラックバスの天ぷらも作ります。塩胡椒をした切り身に市販の天ぷら粉で作った衣をつけ、サラダ油でじっくり揚げました。



鍋の中で揚げられているブラックバス。油をケチりすぎたかもしれません。


ブラックバスの煮付け

出来上がったブラックバスの煮付け。一度火を止めて冷まし、味を染み込ませるようにしました。


同じくブラックバスの天ぷら。揚げている途中のところへ余った衣を流しかけ、いわゆる「花を咲かせる」という処理をしてみました。

実食


ブラックバスの煮付け

先ず、煮付け。……しょっぱい。塩辛すぎます。塩で締めた後に、さらに麺つゆで味をつけるのは、やはり無謀だったようです。せめて、塩を洗い流しておけばよかった。ただ、身の締まり、食感については、前日のフライよりずっと良好でした。

また、フライの時はわかりませんでしたが、一瞬、バス臭いというか川魚臭いというか、出自を伺わせるような瞬間がありましたが、不快というほではありませんでした。

ブラックバスの天ぷら

続いて、天ぷらを食べてみました。衣が硬く、ガリガリという食感です。粉の溶き方がいけなかったのでしょうか。それとも揚げ方か。味の方は、衣のおかげで塩辛さが軽減され、こちらは、なかなかいけます。まるでタラのようでした。

ブラックバスの天ぷら

天ぷらも、意識してよくよく嗅いでみると、これはタラじゃないな、川魚だな。とわかる臭いが、薄っすらとしました。本当にほのかなもので、この魚の生前の姿を知っている釣り人か、海原雄山クラスの非常に味覚の鋭敏な人でもなければ、気づかないかもしれません。調理方法の工夫でどうにでもなるレベルです。

ランカーバスを食べてみて

今回、料理に使うなら、あまり大きすぎない、せいぜい35cmくらいのバスが何かと扱いやすいと感じました。調理しやすく、身が締っていて、臭み(ブラックバスは決して臭い魚ではありません)もより少ないからです。50cmのバスを1本持ち帰るより、30cmが2,3本あった方が好都合なのでは。