オイカワ

8月21日。夕まづめ釣行。近所の川で、餌釣りでオイカワを狙いました。久しぶりの更新になってしまいましたが、暑くて釣りに行く気がしなかったのと、AdSense に申し込むためにブログの書き方を考えなおしていたのが理由です。

オイカワ

タックルは、いつもの磯竿1号4mにスピニングリール2000番。仕掛けは海で拾った円錐ウキ(オモリ負荷B)とサルカン、ダイソーのアジ鈎4号(ハリス0.6号)。餌は魚肉ソーセージです。

道具箱を忘れた


釣り場に着いてバッグを開けると、何と釣具箱が入っていません。家に置き忘れてしまいました。おかげで、ハリスにガン玉が打てず。軽い魚肉ソーセージはいっこう沈まず表層をプカプカと漂うばかり。流れ込みを探りましたが、もちろんアタリなどありません。

やむなく、より魚影の濃い別の流れ込みに移動。完全にお魚さんの好意にすがり、釣られていただく作戦に。見えオイカワがたくさんいましたが、やはり明るいうちは反応なし。日が暮れてくると、少しずつウキが動き始めました。

最近は大きなコイ、フナ、ナマズ、ブラックバスなどばかり釣っていたので、元から下手な小物釣りの腕がさらに鈍ってしまい、アワセが決まりません。それでも、何度目かのアタリでメス?のオイカワをゲット。繊細な引きはなんとも奥ゆかしい釣趣でした。

ここにも侵略的外来種が


ブルーギル

このまま勢いに乗って2匹め3匹めも釣り上げたいところ。オイカワをリリースしてまだまだ仕掛けを振り込むと、しばらくしてウキが沈みました。

アワセを入れると、先ほどとは段ちがいの力強い引き。フナか?と思ったらなんと、この川にはいないと勝手に思い込んでいた特定外来生物ブルーギルでした。

よく考えれば、ブルーギルだらけのため池から、この川には水路が繋がっているのですか、いないわけがありません。

ブルーギル

次はオイカワを……と思ったのですが、またブルーギル。背びれのトゲを手のひらに突き立てられ、思わずとり落としてしまいました。この2匹はかわいそうですが駆除。

魚肉ソーセージをあまり大きく鈎につけると、ギルが来てしまうようです。かといって、あまり小さくちぎると鈎持ちが悪くて仕方ありません。マルキューのチューブ入りの餌などがあればと思いました。

婚姻色が出たオスのオイカワ



婚姻色が出たオスのオイカワ


最後は、美しい婚姻色の出たオスのオイカワが。これで何とか形がつきました。しかしながら、オイカワやブルーギルなど数釣りの対象になる魚を相手に各2匹しか釣れないとは、道具を忘れたとはいえ何とも情け無いことです。

iOS のBlogger アプリbloguma を使ってみた


久しぶりの更新になりましたが、この投稿はiOSのbloguma というアプリを使って作成しました。Google 謹製のiOS 版Blogger アプリ(画像をアップロードすると右端に緑色の線が入ってしまう不具合がずっと解消しないままでした。過去の投稿をご覧いただくと、そのことが確認できます)が廃止されてしまったので、個人が開発したものに乗り換えてみたのですが、どうも動作が安定しません。

それ以前に、iPhone の小さな画面とタッチパネルで文章を書くのは、はなはだ非効率。やはり、何かを作るならパソコンがいちばんだと思いました。