ナマズ

2016年8月28日。午後~夕まづめ釣行。昨日の夕方にゲリラ豪雨があったので、今日は絶好のナマズ釣り日和ということになります。ハゼでも釣ろうかと思っていたのですが、せっかくの機会なので久しぶりにがっつりナマズを狙ってみようと近所の川へ。

昨日のゲリラ豪雨はすさまじい勢いでしたが、1時間ほどで止んだため、水量はいつもより多いことは多い。という程度。先ずは、排水溝が川に接続する流れ込みポイントで竿を出してみました。住宅地に降った雨が集まる水路は勢い良く水を吐き出していて、ここだけは大雨の後でございという雰囲気を出しています。

タックル
  • 磯竿1号4m
  • スピニングリール2000番

仕掛け
  • 海で拾った中通しウキ
  • サルカン
  • がまかつ 丸せいご 14号
  • ハリス2号

 
  • 魚肉ソーセージ

流れ込みの白く泡立っているあたりに仕掛けを振り込むと、何投めかでウキがぐっと沈みました。アワセを入れると、かなりの手応え。玉網を少し離れた場所に置いていたので、糸を送り出しながら取りに行き、足場の低い場所へ誘導して取り込み。かなり暴れられ、手こずりました。

網に入ったナマズは、なかなか良型。ナマズ餌釣りの懸案事項である針飲まれ問題については、見事、口の端に刺さっていました。食べた餌を吐き戻したようで、口の中は、何かドロドロした物でいっぱい。臭いので早々にお帰りいただきました。


ナマズ

同じ流れ込みで、もう1本捕獲。ウキが横に動いたのを見てすかさずアワセを入れたのですが、こちらは針が喉に刺さってしまいました。しかし、カエシを潰してあるので簡単に抜けます。ナマズの口は奥行きが深いので、通常のプライヤーよりもっと長い針外しが欲しくなります。

ナマズ

次に、下流の別の流れ込みへ移動。このポイントでは先日、釣り具メーカーのテスターか何かの方が、カメラマンとスタッフを連れて、ナマズ用トップウォータールアーの撮影をしていました。スタッフの方に声をかけてみたところ、アタリはあるが針掛かりしない、ということでした。

餌で釣ると針を飲まれる。ルアーで釣ると、今度は針掛かりしない。ナマズというやつ、のほほんとした顔つきですが、なかなか厄介な魚です。

ナマズ

このポイントではなかなかアタリが出ませんでしたが、粘るうちに、3本目のナマズを捕獲。これも針を飲まれましたが、悪戦苦闘の末に何とか外せました。勢いよく泳ぎ去るナマズの姿に、心底ほっとしました。食べるにしても、しばらく活かして泥抜きした方がより美味しいということなので、針を飲まれない釣り方の工夫が必要です。

オイカワ

このポイントでも2本出るかもしれない。と思い、釣りを続行。ウキが沈んだのでアワセを入れると、なんとセイゴ針にオイカワが……掛かるわけがなく、スレでした。このオイカワにはそのまま活餌になってもらい泳がせ釣りをやってみましたが、ナマズの反応はなし。再び魚肉ソーセージ餌に戻しました。

フナ

日も暮れかかり、雨が降ってきたので、そろそろ帰ろうかなと思ったところへ、ウキが沈まずに真横に移動しました。ナマズだったら、また針を飲まれてはたまりません。すかさずアワセを入れると、ナマズより重い手応え。コイか?と思いきや、30cm枠の玉網にまったく収まりきらない巨大フナでした。

私にはヘラブナではなくマブナのように見えますが、実際どうなのでしょうか。そもそもマブナという種類のフナはいません。ギンブナかオオキンブナなのでしょうが、フナを見分けるのは学者でも難しい、というか学者同士でケンカになりかねない泥沼だそうです。私は遠慮して、ただフナとしておきます。

フナ

「小鮒釣りし彼の川」と歌の文句にありますが、この川の場合は小鮒ではなく巨鮒です。この川の目玉となる釣り物は、コイでもナマズでもなく、まちがいなく、このフナでしょう。私の手と比べて見てください。正面から見ると、体の厚みが大変なことになっています。筋肉増強剤を使っているのかもしれません。

久しぶりに本気でナマズを狙ってみましたが、その結果はナマズ3本、オイカワのスレがかり1、フナ1でした。