ルアー

この投稿の内容

  • 海で14個のルアーを拾った。
  • まとめてメルカリに出品してみた。
  • 2000円で売れた。


浜辺にはたくさんのルアーが落ちている


ルアー

最近、近所の浜でシーグラス拾いに凝っていたのですが、上の写真のようなルアーもたくさん落ちていることに気づきました。浜では、いつも誰かがルアー釣りでヒラメやマゴチを狙っています(魚を釣り上げているところは、一度も見たことがありません)。

ヒラメやマゴチの鋭い歯で釣り糸を切られてルアーが海中を漂い、浜に打ち上げられたのでしょう。針が付いたままのものは危険ですし、何かに使えるかもしれないと思い、シーグラスといっしょに拾っておきました。

真水で洗い、フックを取り外した

拾い集めたルアーは、真水でよく洗い、錆びた針を取り外し、剥がれかけた塗装はできるだけ落としておきました。塗装こそ剥げていますが、針さえ付ければ、まだ使えそうなものばかりです。

私は餌釣り派ですから、ルアーを見ても商品名などはわかりません。ただ、1個だけロゴが消えずに残っているものがあったので検索してみると「シマノ 熱砂 スピンドリフト 90HS」という、定価1700円の製品でした。これは売れるかもしれません。

ジャンク品として拾ったルアーをメルカリに出品


メルカリ画面

ジャンク品であることを明記して、メルカリに出品してみました。カテゴリーは「ルアー用品」、状態は「全体的に状態が悪い」、発送方法は「らくらくメルカリ便」を選択。送料(195円)込み2600円と値付けしました。1個200円×13=2600円。送料はおまけ。という計算です。

やたらと強気な価格は、値下げ交渉を想定したもの。メルカリでの「値下げできますか」は、「こんにちは」という挨拶と同じ。『大草原の小さな家』のインガルス パパも、最初は吹っかけて、そこから値下げしろと言っていました。

バラ売り、値下げを求められる

先ず、左下に写っているジグヘッド(後にDUO ビーチウォーカー ハウルと判明)2点だけのバラ売り希望者が現れましたが、面倒なので却下しました。次に、1500円で値下げして欲しいと値下げ交渉を持ちかけられました。

メルカリ画面


1500円の根拠をたずねてみると「釣具屋では、同程度の中古ルアーが100~200円で売られているから」というお答え。1個100円×13+送料200円=1500円という計算なのでしょう。私が1個200円と値踏みしたのに対して、この方は100円と判断したわけです。

なるほど。もう、この方に売ろうかな。と思いましたが、世の中にはどんな物好きがいるかわからないので、もうしばらく様子を見ることにしました。

拾ったルアー14個が2000円で売れた

その後、ルアーをもう1点追加して14個セットとし、おまけにエコギア パワーシャッド 2本をつけて2200円に値下げしたところ、先の値下げ交渉の相手から、2000円で買いたいとメッセージがありました。拾い物のジャンクルアーのために、あまり頑張ってもしかたありません。それで手を打つことにしました。

送料を抑えるため、ネコポスで発送


ルアー

送料を抑えるため、A4サイズの封筒に入れて、メール便の後継であるネコポスで発送しました。厚さ2.5cmまでの制限があるので、ルアーが封筒の中で片寄らないよう工夫が要ります。まず、ダンボール箱を切って作った板に、メザシのようにルアーを並べました。

ルアー

それを、動かないよう輪ゴムで押さえ、サランラップでぐるぐる巻きにしました。これで、ルアーが動く心配はありません。

ルアー

いわゆるプチプチで包み、A4サイズの封筒に入れて、クロネコヤマトの営業所に持ち込んで発送しました。送料は購入価格から天引きされるので、スマホだけ持っていけば財布も要りません。らくらくメルカリ便は本当に便利です。

取引完了


メルカリ画面

取引きは無事、完了しました。送料、手数料を引いた利益は1410円。拾ったルアーが1個100円になりました。

自分でも使ってみようか


DUO ビーチウォーカー ハウル

拾い集めたルアーをまとめてメルカリで売却した直後、また新たにビーチウォーカー ハウルを拾ってしまいました。いったい、海の中にはいくつルアーが沈んでいるのでしょう。これだけあると、自分でも使ってみようかという気になります。

波打ち際から沖へ向かって「えいやっ!」とキャストし、リールを巻きさえすれば釣れるのでしょうか。いやいや。それほど簡単に釣れるなら、もう何度もヒラメを釣り上げている場面に遭遇しているはずです。

ホタティストのメルカリ招待コード

メルカリ会員登録時に下記の招待コードを入力していただくと、300円分のポイントが付与されます。

SAEQYT

今回 出品したルアー