ハゼ


2016年10月22日。午後~夕まづめ釣行。前回と同じ釣り場で、また竿を出してきました。釣り方も同じ、リール竿の脈釣りです。1号のグミ錘を2個使った変則的な中通し仕掛け。餌はベビーホタテです。

がまかつ 赤はぜ(キス)

ダイソーのアジ鈎4号を使い切ったので、がまかつのハゼ用針を用意して臨みました。8号とハゼ用としては大きめですが、今の時期のハゼは、これを丸飲みにしてしまいます。それにしても、ハゼ用の針は、なぜ赤く塗ってあるのでしょうか。餌に隠れてしまって見えないと思うのですが。

マハゼ 6匹の釣果



ハゼ

午後2時頃から釣りを始めたのですが、今回は潮の動きが悪く、なかなかアタリが出ません。釣り場を、さらに下流の海ギリギリの地点に移してみたりもしましたが、効果がなかったので元の場所に戻りました。結局、最初のハゼが釣れたのは、竿を出してから1時間以上も経ってからでした。

1匹めは、置き竿にして休憩中に食ってきたのを、針を飲ませてゲット。まあまあのサイズです。

 ハゼ

2匹め。ややサイズアップ。かわいい顔をアップで撮ってみました。

ハゼ

3匹め。今回、いちばん大きなハゼでした。長さを測ってみたところ、前回の最大と同じ17cmでした。いつかは20cmのマハゼを釣ってみたいのです。

ハゼ

4匹め。この時期としては普通サイズのハゼ。

ハゼ

5匹め。型が小さくなってきました。大きなハゼはもう釣り尽くされてしまったのでしょうか?

ハゼ

6匹め。ここで時間切れのため納竿としました。3時間ほどの釣りで計6匹。またツ抜けは達成できませんでした。前回釣行の獲物と合わせて、天ぷらにする予定です。

外道 コトヒキ


コトヒキ

コトヒキ

今回の外道は、小さなコトヒキ2匹。針を丸飲みしてしまうことが多く、なかなか厄介です。2匹めは、神経を研ぎすませてアタリをとり、アワセを入れて、口に針掛かりさせることに成功しました。やればできる?

この魚、西日本では40cmまで成長したものが水揚げされるそうです。動く餌をかなりアグレッシブに追ってくるので、そのくらい大きければルアー釣りの対象として面白いのではないでしょうか。