ブラックバスのフィッシュ・アンド・チップス
以前、ブラックバスでフィッシュ・アンド・チップスのようなものを作ろうと試みた結果、どうしようもない黒焦げフライを作ってしまったことへの雪辱を期して、もういちど、ちゃんとしたレシピで作り直しました。

今回はクックパッド等できちんとレシピを調べたのみならず、在英日本人のブログなども調べて、衣にビールを使った本格的なものを目指しました。

材料

  • ブラックバス 大 1尾
  • ジャガイモ 中 2個
  • 小麦粉 50グラム
  • コーンスターチ(本来は片栗粉) 40グラム
  • 重曹 小さじ半分
  • 塩 2つまみ
  • ビール 100cc
  • ニンニク 2片
  • 塩コショウ

ブラックバス

今回使ったブラックバスは、今月29日にため池で釣って持ち帰った2匹のバスの大きな方です。自宅の台所で、シンクから立ち昇るはらわたの臭いを嗅がずに済むように、釣り場で頭を落とし、腹を開いておきました。

ブラックバスの臭い脂

ブラックバスの臭い脂。このバスはよく肥っているので、脂もたっぷりと付いていました。これは腹骨と一緒にすき取ってしまいましたが、この作業はなかなか難しく、どうしても余計な肉まで削いでしまいます。いつかは、健啖隊 隊長のように手際よくバスをさばいてみたいものです。

ブラックバスとブルーギルの切り身

切り身になった、ブラックバスとブルーギル各2匹。魚の体表の粘液(臭い)がついてしまいがちなので、流水でよく洗っておきます。


先ずチップスを揚げる


ジャガイモ

先ず、チップスことフライドポテトから作りました。短冊状に切って水にさらしておいたジャガイモに、ビニール袋シャカシャカ式で小麦粉をまぶし、低音の油で揚げていきました。

ジャガイモを揚げる

ところが、素人の悲しさで油温の見当を間違え、2度に分けて揚げた最初の物が、焦げ気味になってしまいました。写真の下半分のものがそれです。ジャガイモは、揚げる前に電子レンジで火を通しておいた方が、楽で良いと思いました。

フライドポテト

次にブラックバスを揚げる

次に、ブラックバスを揚げていきました。バスの切り身におろしニンニクをまぶし、塩コショウをして、しばらく置いて味をなじませました。

ブラックバスの切り身

バスの血合い骨についてですが、頭側の身を指で触って骨の位置を確かめたら、それを挟むようにV字型に肉ごと切り取ってしまえば大丈夫です。尾の方まで切り取る必要はないと思います。

ブラックバスの切り身
太い血合い骨だけを切り取った形

衣には水でなくビールを使った

次に、衣を作りました。前回は、スーパーで売っている鯵フライのような普通の魚のフライを作ってしまいましたが、本来、フィッシュ・アンド・チップスの「フィッシュ」は、フリッターのような衣をまとっているそうです。

ネットで調べたレシピの通り、小麦粉50グラムにコーンスターチ(片栗粉の代用)40グラムを合わせ、重曹小さじ半分と塩2つまみを入れたものに、冷たい第3のビール100ccを注ぎ、混ぜ合わせたものを衣としました。

サッポロ・ラガーズ・ハイ

あくまで衣の材料として買ったはずなのに、なぜかアルコール度数が高いものを、しかもロング缶を選んでしまったのは、酒飲みの悲しい性です。

フィッシュ・アンド・チップスの衣

よく混ぜ合わせた衣。ブラックバス1匹を揚げるには、この半分の量でじゅうぶんだったと思います。天ぷらと違って、しっかり混ぜてしまっても大丈夫なようでした。


きつね色に揚がったブラックバス


ブラックバスのフィッシュ・アンド・チップス

ジャガイモとは逆に、高温に熱した油でさっと揚げました。"Nice Golden Brown" に仕上がったでしょうか。


ブラックバスのフィッシュ・アンド・チップス完成 


ブラックバスのフィッシュ・アンド・チップス

ケチャップとタルタルソースを添えて、衣に使った第3のビールの余りと一緒に、いただきました。

ブラックバスのフィッシュ・アンド・チップス

フィッシュ・アンド・チップスのフィッシュ部分。衣はカリッと、魚はふっくらと揚げることができました。水の代わりにビールを使う方法は、衣を歯ごたえ良く仕上げるのに、かなり有効だと思います。

かすかに、臭みというか「淡水魚だな」という風味がありましたが、自分で釣った魚でなければ、気が付かなかったかもしれません。私だけかもしれませんが、殺した負い目のようなものがあって、獲物の味や香りには過敏になってしまいます。

ブラックバスのフィッシュ・アンド・チップス

フィッシュ・アンド・チップスのチップス部分。もう少し、中身にふっくら感というか、ほっくり感が欲しかったです。魚よりジャガイモを揚げる方が難しいのかもしれません。

かんたん便利ならくらく酢

フィッシュ・アンド・チップスといえば、モルト・ビネガーという酢で食べるのが定番です。が、日本の一般家庭に、そんなものがあるはずもなく。和風のお酢で代用しましたが、まあまあ合いました。

衣が油を吸って、くどくなりがちな料理なので、酢で食べるのは理にかなっていると思いました