ユニクロのジョガーパンツ デニム

先日、ユニクロのジョガーパンツ(デニム)を購入しました。セール品で、たしか1990円だったと思います。選んだ理由は、安いから。それと、動きやすそうだったからです。男のお洒落を楽しむ趣味は、私にはありません。

履き心地が良く、動きやすい

実際に着用してみて、履き心地の良さと動きやすさに感心しました。ウエストにはゴムと紐が入っていて、ベルトなしで締めつけ感なしに履くことができます。ただし、ずり落ちないようにしっかり固定したい場合は、やはりベルトの出番のようです。

生地は、綿88%、ポリエステル11%、ウレタン1% のストレッチ素材で、普通のジーンズよりずっと柔らかく、脚を上げても突っ張りません。私は筋トレに凝っていた時期があり、太股が普通より太くなっているので、これは非常にありがたい点です。

足下に向けて絞ったシルエットになっているので、裾がひらひらして行動の邪魔になることがないのも、実用的で良いと思います。

脚が太い短足向けのシルエット?

また、このシルエットには、胴長短足体型をカバーする効果もあるような気がします。脚が短いと、ズボン(パンツと言うと蕁麻疹が出るので、ズボンで勘弁してください)が似合いません。ズボンというよりズドンという感じになってしまいます。人間の脚とズボンは、麺と同じで、長さがあるから良いのです。

その点、ユニクロのジョガーパンツは、普通のまっすぐなズボンより、すっきりとして見える気がします。細身のズボンを履けばいいじゃん。と言われるかもしれませんが、先に書いたように、私は脚が太いので履けません。

人間の脚は、付け根から足首に向かって細くなっていく構造になっていますから、ズボンも、これが自然で合理的な形なのかも。などということを考えました。