ルアー

私が海(砂浜)の近くに住んでいること、しばしば散歩に出かけルアーを拾うこと、それをメルカリで売っていることは、これまでの投稿で書いた通りです。

どれくらいの確率でルアーを拾えるかというと、8~9割でしょうか。行けば、何かしら落ちています。海の中はルアーだらけかもしれません。

休日になると、波打ち際に5メートル間隔で釣り人が並びます。まるで、釣り堀でヘラブナでも釣っているかのように皆同じ方向を向いて、まっすぐ前に向かってルアーを投げてはリールを巻くことを繰り返しています。狙っているのはヒラメなのですが。彼らこそ、私が拾うルアーの豊富な供給源なのです。


ロウディー 130F を拾った

19日には、ジャンプライズというメーカーのロウディー 130F ブルピンイワシ ゆうきVer. というルアーを拾いました。定価2,200円。状態が良く、背中にプリントされている型番が読み取れたので、製品名がわかりました。餌釣り派なので、ルアーの製品名は、ほとんど知りません。

ジャンプライズ ロウディー130F


熱砂 スピンドリフト 90HS を拾った

今日(22日)は、シマノの熱砂 スピンドリフト 90HS を拾いました。定価1,700円。かなりの人気ルアーらしく、これまで4~5個は拾っています。こちらは、横腹の塗装が、ほとんど剥がれてしまっていました。カラーは、キンクロキャンディかな?と思います。

シマノ 熱砂 スピンドリフト 90HS

パズデザイン ナイグロー・トリプルテン

それと、もうひとつ。砂に埋れているのを見つけた、パズデザインのナイグロー・トリプルテン。その場では、何に使う道具なのか見当もつきませんでした。

帰宅してからメーカーサイトにアクセスしてみると、10分間光を浴びると暗闇で10時間光り続け10年間使える蓄光材料をアクリルに封入した、蓄光マーカーとのこと。

パズデザイン ナイグロー

夜釣りの時、小物などに付けておくと、紛失を防げるかもしれません。定価1,000円と、なかなか良いお値段がしますが、電池を使うよりは、ずっと低コストです。


まとめてメルカリで売った

以上、3点をまとめて、送料込み1,480円でメルカリに出品すると、2時間ほどで買い手がつきました。手数料と送料を引くと、1,137円の利益になります。

こまめにルアーを拾っていれば、安い釣り竿くらいは簡単に買えてしまいますね。ちなみに、私のメルカリ招待コードは SAEQYT です。