先日、簡易レジャーイス(折りたたみ椅子)を買うため最寄りのダイソーに立ち寄った時のこと。ついでに釣具コーナーも覗いてみたら、急にルアーの品揃えが充実していてビックリ。

今まで、ミノーモンスターなる妙に強気な商品名のミノーと地味なワームしか置いていなかった棚に、青いパッケージに入った色鮮やかなルアーたちがずらりと勢揃いしていたのです。

パッと見た感じでは、とても100円には見えません。もしかして、150円や200円のシリーズか? と思いましたが、ありがたいことにタイラバ以外は100円でした。

そろそろ、餌釣りだけでなくルアーもやってみたい。そう考えていた私にとって、願ってもない教材が登場したわけです。ありがてえ。ありがてえ。つい興奮して、写真を撮りまくってしまいました。

新商品? 最寄りのダイソーに入荷したルアーたち


ダイソー クランクベイト 4色
No.1 クランクベイト

ダイソー スピナーベイト
No.2 スピナーベイト

<スピナーベイト> ルアーど素人が投げてみた感想:
ゆっくり巻いてもブレードがしっかり回転した。釣れそう。ベイトタックルで使うものらしいが、リバティクラブ ルアーとサフィーナ2500の安物スピニングタックルでも大丈夫そうだった。

ダイソー スプーン
No.3 スプーン

スピナーベイトとスプーンは各1色しか置いていませんでした。ラインナップがそうなっているのか・この店舗では1色しか入荷できなかったのか、それは分かりません。

ダイソー ポッパー 4色
No.4 ポッパー

<ポッパー> ルアーど素人が投げてみた感想:
ラトルが入っている。重さがあり、よく飛ぶ(ミノーモンスターとの比較)。ダイワのポッパーを拾って投げてみたことがあるが、あまり違いを感じなかった。

ダイソー バイブレーション 4色
No.5 バイブレーション(フローティング)

ダイソー グラブ 4色
No.6 グラブ

ダイソー カーリーテール 4色
No.7 カーリーテール

ダイソー タイラバ
300円ルアー No.1 タイラバ

タイラバだけ300円。100円ルアーとは別にシリーズナンバーが割り振られているということは、他の300円ルアーもあるのでしょうか。

ダイソー ミノーモンスター
ミノーモンスター 9cm(フローティング)

<ミノーモンスター フローティング 9cm> ルアーど素人が投げてみた感想:
ある程度の速さで巻くと、尻尾を振るようにして進んでくる。あまりゆっくり巻くと、ほとんど動かない。橋桁にぶつけるなどしていたら、水に沈むようになってしまった。


すぐ売り切れてしまうかもしれないので、とりあえずスピナーベイトとポッパーそれにミノーモンスターのフローティングタイプ(小)を購入。さっそく近所の川で使ってみました。タックルはいつも通り、竿はリバティクラブ ルアー(ダイワ)・リールはサフィーナ2500 (okuma)です。

100円ルアーでキャスト練習

今まで最短でも2.4m、たいていは3.6m から4.2m ぐらいの竿で釣りをしていた私。釣り竿は自分の身長よりずっと長いものという感覚が体に染みついています。そのせいで、短い(180cm)ルアー竿のリバティクラブ ルアーを(餌釣り用に)買ったものの、上手く振れずにいました。

そこで、障害物のない開けた場所で100円ルアーをまっすぐ前に投げて巻き・また投げては巻くという練習をひたすら繰り返してみたのです。なにしろ100円なので障害物に引っ掛けてルアーを失くすことへの経済的な不安がなく(結果的にはゴミを捨てるのと同じことですから、環境面・道徳面での不安はもちろんあります)、思い切って投げられました。

すると、ルアーには不慣れでも釣り竿を初めて握る人とは違いますから、しだいにコツが飲み込めてきました。シュッと鋭い振りができるようになり、飛距離も出るように。

ダイソー 100円ルアーの品質

明らかに一流メーカー品に比べて安っぽいのは当然ですが、ちゃんとアクションもしますし、実用上は問題ないのでは。と素人は思いました。あえてケチをつけるとすれば、針先が少し甘いように感じます。