マブナ

2017年3月20日。薄曇り。午後から近所の川へマブナ釣りに出かけました。

土日もフナを狙って竿を出したのですが、バラシを連発して、釣果ゼロという情けない結果に終わってしまいました。アタリはかなり激しいものだっただけに、釣り上げられなかったことが残念でなりません。

そんなわけで、今日こそは……と必釣を期して近所の川へ向かったわけです。気温は高め・しかしピーカン照りではない・風は少し吹いてる、という、なかなかの好条件。

岸際を探るも反応なし


釣り方は、ルアー竿と中通しグミオモリ(この日は軽めに1号)を使ったブッコミ釣り。道糸3号、ハリス1.5号、針はチヌ針2号です。

春のフナは岸近くに寄ってきて盛んに餌をあさる、という予備知識に従って岸から3メートルほどの距離を釣ってみましたが、何の反応もありませんでした。

アカミミガメが釣れた

そこで、竿をふりかぶって思い切り仕掛けを飛ばし、川の流芯近くを釣ってみました。道糸がピンと張りはするものの、そこから展開がない、という嫌な予感のするアタリで先ず釣れてきたのは、大きなカメでした。顔の模様がはっきりしませんでしたが、たぶんアカミミガメだと思います。

良型マブナが釣れた 寒鮒とは一味ちがう強烈な引き

とりあえず、流芯近くを狙うのが良いとわかりましたので、針を交換して釣りを続行。しばらくすると、また道糸がピンと張りつめました。しかも、先ほどとは違い、張りつめた糸がビンビンと弾かれたように振動します。魚のアタリです。

マブナ
良型のマブナ

魚に違和感を与えないよう緩めておいたドラグを締めなおしてアワセを入れると、いきなり猛烈な手応え。いくらリールを巻いても、なかなか引き寄せられません。これはコイかナマズかも、と思いつつ、さらにドラグを締めてリールを巻くと、ようやく良型のマブナが水面に姿を現しました。

マブナ


そのままギブアップするかと思いきや、足元まで来たところで急に下流に向けて突っ走り、こんどは沖へ走り、と、やはり真冬のフナとはちがう引きを味あわせてくれました。

ダイワのリバティクラブ ルアーは弓なりに引き絞られましたが、この竿は初心者が乱暴に扱うことを想定しているのでしょう、案外と丈夫で、フナの引きを味わうには、もっとしなやかな竿が良いのではと思います。

体高のある、30cm ほどのマブナでした。その後、アタリが遠ざかったまま夕まづめを迎えました。魚影はしきりに見えるものの、仕掛けを見切られたのか餌は無視されてしまい、日没をもって納竿としました。